みゅーじかる☆高田笑劇場
地方巡回公演  パッケージ作品
ふるさと協奏曲
〜塩原町長選挙〜

                     作 山形南高校映画演劇研究部  潤色 みゅーじかる☆高田笑劇場

                                                演出 マル丸山、

あらすじ

気がつけば、な、なんと人口がたった50人になってしまったにもかかわらず、堂々と「町」を名乗っている新潟県上越市塩原町・・・この塩原町は800年も前から「塩」の精製が盛んで、伝統的な産業となっていたため、町の調味料はな、なんと「塩」しかないという今どき考えられない、町民そろって頑固者の集まりなのであった。そんな中、その頑固者の中でも人一倍輪をかけたような頑固者、権田原田之助の長男、塩太が東京の大学から帰省してくる。大学4年生で物理学も専攻している塩太は、就職活動で、この塩原町には戻ってくる気が無いことを告げる。激怒する田之助をよそに、突如この町の町長が急死したという知らせが!風雲急を告げる過疎の町・・塩原町。町長急死に伴う新町長の選挙が公示される中、突如二人立候補者が現れる・・・勢いよく立候補したその二人は、なんと前町長の娘・花子と息子の次郎。その二人が、選挙戦で訴える奇想天外なそのマニュフェストとは????過疎の町を舞台に今まさに迫る、限界集落の悲喜こもごもをみゅーじかるでお届けします。この作品は、笑って泣けて心が温まる素晴らしい作品です。ぜひ、皆様の集落へお呼び下さいませ!

お客様のアンケートをご紹介いたします

・塩太くんの声がよかったです。塩美ちゃんもかわいかったなあ。

作品のテーマがよい。泣と笑いの中に、ふるさとを考えさせてくれるテーマ。 

・私の住んでいる所も過疎化しているので、いろいろと考えさせられました。とってもおもしろかったです。しおみちゃんが、かいわいすぎました。

・笑いの中に考えさせられる内容でした。おもしろかったです。がんばれー!!

・とても元気をいただきました!!ありがとうございました!!

・あかるくて、ミュージカルのところもすごくたのしかったです!!!ありがとうございました。

・子どもの小1、小3には、難しい内容でしたが大人は自分の地域の事に重ねながら見させて頂きました。初めての高田笑劇場の演劇を観ましたが退屈することなく、あっという間に過ぎる楽しいものでした。

・大人の女性陣の演技力に感動しました。塩美頑張れ。

・だいぶ演技力がこなれて来た感じがします。面白かったです。「お母さん」最高!

・熱意が良かったです。これからも精進&頑張って下さい。石川さゆり熱唱は良かった(笑)

・とてもよかったです。ななちゃん、かわいかったです。頑張ってね!

・過疎の町の人たちにひとりでもたくさん見てもらいたい作品です。権田原さんの涙にとっても泣けました。た見たいです!

・大きく笑った面もあれば、考えさせられる面もあって良かったです。

・見る者と演じる者の一体感がよかった。

この作品は巡回公演が可能です。



上越地区や周辺の山間部や海岸部など、様々な地域で過疎という問題に直面されていたり、
小学校や中学校が廃校になるという地域の皆様がいらっしゃると思います。
この作品は、そんな地元の皆さんの心を代弁し、そして温かく前向きにさせてくれる作品であると思っています。
私たち、みゅーじかる☆高田笑劇場はそんな皆様方をあたためるために、日々アマチュア劇団として活動しております。
上演を行うための最低経費をご用意して下されば、あとは公民館でも集会場でも体育館でも公演が可能です。
ぜひ私たちを呼んでください。皆さんで会場一体となる温かい時間を共有いたしましょう!
ご連絡先はメールまたは電話 025-525-4544 オフィス笑劇場まで